ウォーターサーバー「フレシャス」導入を断念した5つの理由!

人体は60〜70%が水分でできています。暑い時期の熱中症対策はもちろ、日頃からの水分補給はとても大切。

体重によって適切な水分量はちがいますが、一般的な体格の大人であれば1日あたり2〜3Lといったところでしょう。

けっこうな量ですが、水分補給のコツは「こまめに飲む」こと。

朝の起きぬけに1杯、出がけ、会社についたら、昼食で、勤務中に、退社前に、夕食で、入浴前後に1杯づつ、就寝前に…これで10杯・1杯200mlで2Lです。

水分不足は、心臓・腎臓のような臓器の機能や肌・筋肉に悪影響。疲労感も増してしまうそうです。

たかはし昇一は少しだけ「尿酸値」が高くて、医者からはやはり「お水をよく飲むように」とのアドバイスを受けました。

せっかく飲むならおいしくて健康によいお水をということで、近所のスーパーで2Lのナチュラルミネラルウォーターを買ってます。

蛇口をひねれば水道水が出ますけど、お水は人間にとって重要な飲み物ですし、おいしくないと続かないので、ある程度のコストをかけてもいいと思ってます。

ただ2Lのペットボトルは当然2kgの重さがあって、買って持ち帰るのが正直おっくう。

こまめに飲むのにも便利そうということで、以前から「ウォーターサーバー」が気になってました。

ウォーターサーバーの中でもとくに「フレシャス」が魅力的に感じていて、この1〜2ヶ月ずっと導入するかどうか悩んでたんですよね。

\魅力的なウォーターサーバー!/

ウォーターサーバーなら【フレシャス】

結局は導入を断念したわけですが、もしウォーターサーバーをレンタルするなら、ぼくは絶対フレシャスにします!

●フレシャスのウォーターサーバー「魅力」は4つ!

魅力①:送料は「全国一律無料」!

これはフレシャスに限った話ではありませんが、重いお水を玄関まで無料宅配してくれるサービスはやはりありがたい!

沖縄・離島など一部地域でなければ、どこへでも配送してもらえます。

魅力②:インテリアに馴染むスタイリッシュな「デザイン」!

フレシャスは、ウォーターサーバーで唯一「グッドデザイン賞」を受賞しています。

たしかにこれまでのウォーターサーバーのイメージを払拭するようなシンプルスタイリッシュ洗練された外観ですよね。

この点は他社のウォーターサーバーとの差別化ポイントとして強烈!実際ぼくもこの「見た目」から入りましたから。

ウォーターサーバー唯一のグッドデザイン賞受賞【フレシャス】

魅力③:軽量で交換が簡単な「ウォーターパック方式」!

ウォーターサーバーと言えば、12L程度の大きなガロンボトルを接続するのが一般的ですが、フレシャスは「ウォーターパック」を採用しています。

これによって、ガロンボトルと違いお水の交換ゴミ捨てラクチン

パックをセットしてボタンを押すと針が刺さる仕組みになっていて、お水が空気に触れないため衛生的でもあります。

業界最軽量7Lの使い捨てパック使用のウォーターサーバー

魅力④:安心・安全「産地直送」の天然水!

フレシャスは「採水地」にこだわり品質管理が徹底された天然水をラインナップ。

サーバーの機種にもよりますが「富士」「朝霧高原」「木曽」の3種類から好みの天然水を選べます。

フレシャス富士は、富士山の標高約1,000m地点の富士吉田工場で採水されています。数十年前に降り積もった雪が、幾重もの玄武岩層を長い年月をかけて浸透し、富士山の地下に蓄えられたきれいな天然水です。

フレシャス朝霧高原は、富士山西麓の広大なエリア「朝霧高原」に位置する工場で採水されています。広大な富士山といえども、他では採れない高いバナジウム含有量180μg/Lを含む貴重な天然水です。

フレシャス木曽は、御嶽山の地中奥深くから自然に湧き出た天然水です。原水の周辺には澄んだ清水でしか育たないという、天然のわさびや植物が生き生きと群生する豊かな自然環境で、水量に限度がある希少価値の高い木曽の恵みです。

どれも天然の軟水ですが「硬度」や「ミネラルバランス」の違いで、味や飲み口がまったく別物とのこと。

ぼくは登山が趣味なので山に磨かれたきれいな湧き水を飲む機会があり分かるのですが、そのようなお水のおいしさって本当に「別格」です!

それまでの疲れがとれて元気になるから不思議ですよ。

富士山のおいしい天然水【フレシャス】

このように魅力いっぱいのフレシャスですが…ぼくはウォーターサーバー特有のネックとの折り合いが最後までつかず断念しました。

●フレシャスを「断念した理由」は5つ!

理由①:サーバー・ストックがスペース取る!

フレシャスは、サーバー・ストック共に省スペースな部類です。

とくに「デュオ・ミニ」というタイプのサーバーは置き場所を選ばない卓状タイプ

それでも、いざ置こうかと採寸してみるとそこそこの存在感になるんですよね。

理由②:サーバー本体・パック水も持ち運び困難!

ぼくは「カバンに入れて持ち運びできない」サイズ・重さのものを買うときはかなり慎重になります。

大きかったり重いものって、買ったあとの維持管理から処分がとても大変な傾向がありますからね。

デュオ・ミニはもちろん持ち運び困難ですし、お水もパック方式とはいえ10kg近くの重量です。

そもそもウォーターサーバーはひんぱんに持ち運ぶことを想定していないのであたり前ですけどね。

理由③:ランニングコストが発生する!

フレシャスのサーバーは「レンタルプラン」「購入プラン」から選べます。

レンタルプランは月額約500円で、前月3箱以上オーダーすると無料になるのですが、ぼくの場合ちょっとそこまでは消費できません。

となると、月500円・2年間で12,000円のランニングコストになります。

デュオ・ミニの購入プランは「一括」で約40,000円36回払いで月約1,200円

購入プランだとお水が特別価格になるので、消費量が多ければ長期的に有利にはなります。

ウォーターサーバーの平均的な「電気代」は約1,200円。フレシャスのウォーターサーバーは比較的安めですね。

それでも月400円程度〜と、2年間で1万円程度はかかってしまいます。

レンタル料金と電気代あわせて月1,000円程度の「ランニングコスト」か…維持費用がけっこう高くつく印象です。

理由④:こだわりのお水がちょっとお高い!

サーバー代・電気代に加えて、とうぜんお水代もかかります。

サーバーのタイプやお水の種類によるのですが、500mlあたり77円〜という料金設定。

500mlあたり77円!富士天然水のウォーターサーバー

そのコストは、スーパーの4倍近く!スーパーでは2L・100円程度でナチュラルミネラルウォーターが買えてしまいますからね。

フレシャスこだわりのお水ですが、やっぱり少し値段が高すぎるような…。

理由⑤:2年縛りで「解約金」がかかる!

「解約」は電話・メールいずれかの方法で申し込めるようです。ただし、契約2年未満の解約には「解約金」がかかります。

フリーダイヤル0120-800-026(平日 9:00~20:00/土日・祝日 9:00~17:00)、もしくはメールにてご連絡ください。
ウォーターサーバーの解約方法など、解約の手続きについてご案内いたします。
ご契約後またはサーバー交換後、9ヶ月未満でご解約された場合、解約金として税込16,200円、また、9ヶ月経過後、2年未満でご解約された場合は、税込9,720円が発生いたします。

契約後〜9ヶ月未満だと税込16,200円。2年未満で税込9,720円と高額です。

途中解約で高額な解約金が発生する実質的な「2年縛り」。携帯電話のように解約ができない期間があるわけではありません。

契約のときに「解約した場合」のことまで想定してチェックするのは大切ですよね。

●フレシャス断念「クリスタルガイザー」でよくない?

フレシャスに魅力を感じていたものの、冷静に考えるとウォーターサーバーはスペースもとるしトータルコストが高い

どうしたものかとAmazonで物色してみると…「クリスタルガイザー」が安かった!

保管スペースが必要な点はウォーターサーバーと同じですが、ランニングコスト・期間縛りなしでお水代は約1/2です!

500mlペットボトルだから1本づつ持ち運びもできるので、会社やジムにも気軽に持っていけます。

ボトルの素材が柔らかいので、飲みきったらクシャッとつぶせるのもいいですね。パック式と同じでゴミ捨てのときもかさばりません。

採水地は海外ですが、軟水で味もおいしい

●それでもウォーターサーバーならやっぱり「フレシャス」!

さんざん悩んだあげく、今回ウォーターサーバーは断念してクリスタルガイザーを買うことに。

それでもフレシャスのウォーターサーバーはやっぱり魅力的です。

\ウォーターサーバーはフレシャス!/

乗り換えキャンペーンやってます

期間限定のようですが、他社ウォーターサーバーからフレシャスに乗り換えると、解約金相当の金額がキャッシュバックされるキャンペーン中!

もし他社サーバーを使っているようであれば、この機会にフレシャスの「おしゃれウォーターサーバー」に乗り換えればお得ですね!

ぼくも状況や心境が変われば、やっぱりレンタルしてみることになるかもしれません。

一旦は「断念」という結論を出したのですが、なんとなくまだ気になる諦めきれないじぶんがいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン。1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になるため、「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中。