プロテインやめた!ナチュラル「細マッチョ」は自然食品で!

「プロテイン」=「タンパク質」、それ以上でもそれ以下でないのです。

単なる「栄養素」のひとつであって「筋力増強剤(アナボリックステロイド)」とは違うのですが、トレーニングの習慣のない人は勘違いしているケースもありますね。

たかはし昇一は、週に2回「JOYFIT24」で筋力トレーニングをしています。

動機はズバリ「細マッチョ」になりたいから!

でも誰かに褒められたいわけではなく、あくまで「自尊心」を保つためです。今ではすっかり「習慣」になりました。

JOYFIT24で24時間フィットネス|早朝ジムが爽快すぎる!

ぼくのイメージする「細マッチョ」とは、「腹筋がそれなりに割れていて」「線は太くないが、個々の筋肉がくっきりしている」状態です。

服を着ていると何も言われないけど、脱ぐと「あれ、からだ鍛えてる?」と言われるレベルですね。

ぼくは毎朝「体組成計」に乗る習慣があります。

お手頃な値段のモデルなので、そこまで「正確性」は期待できないかも知れませんが、2018年1月7日時点の数字は次の通りでした。

 

●体重:59.95kg

●BMI:20.7

●体脂肪率:11.7%(マイナス標準)

●筋肉量:50.20kg(標準)

●推定骨量:2.8kg

●内臓脂肪レベル:2.5(標準)

●基礎代謝:1,446kcal/日(多い)

●体内年齢:21歳

 

ちなみに今は「増量期」半年ほどかけて65kgまで増やすつもりです。その後、登山シーズンに向けて減量します!

登山はエネルギーを大量に消費するので、秋になることには「体重」はもちろん「体脂肪率」は10%以下「内臓脂肪レベル」も1まで下がるのが恒例です。

●プロテイン・アミノ酸をやめてみた!

比較的代謝が多いのと食事量が多くないからか、昔から太りにくい体質です。ちなみに身長は170cmで体格的には「並」ですね。

筋トレをするようになってから、「減量期」「増量期」のサイクルを意識しながら、目的に合わせて以下のような

「プロテイン」でタンパク質を、「BCAA」でアミノ酸を摂取してのですが、1年ほど前からやめ「自然食品」からとるようにしています。

「ゴリマッチョ」ではなく「細マッチョ」程度であれば、きちんと「トレーニング」をして、「食生活」に気をつけ「睡眠」をしっかりとれば、「プロテインなし」で誰でもなれますよ!

●プロテイン・アミノ酸は「腎臓」に悪い?

筋トレをする人であれば、体重×1.5〜2gのタンパク質をとるべきだと言われています。

たかはし昇一の体重は約60kgなので、毎日90〜120gのタンパク質が必要という計算になります。

この量を食事からコンスタントにとることが難しいことから、手軽に飲める「プロテイン」が登場するわけです。

「プロテイン」=「タンパク質」なので、副作用もなくむしろ健康にいいはずですよね?

少なくとも、ぼくは「プロテイン」が原因で病気になったという話は聞いたことがないです。

でも「プロテインやアミノ酸は腎臓に悪い」という意見もあります。

「タンパク質」は人間にとって重要な栄養素ですが、分解の過程で「尿素窒素」などの毒素を出します。

「尿素窒素」などの毒素は、「腎臓」が濾過して尿として体外に排出されます。

もし「腎臓」が機能停止すると、からだ中に「毒素」が回って命を落とすことになります。地味ですが生命維持に欠かせない臓器です。

「プロテイン」は食品ですが、人工的に精製された「工業製品」であり、ナチュラルな生活ではありえない大量の「タンパク質」を摂取することができますよね!

大量のタンパク質→大量の尿素窒素→腎臓の疲弊→重大な被害が発生する可能性…なるほど、つまり「やりすぎ」は良くないってことでしょうか。

くり返しますが、ぼくは「プロテイン」が原因で病気になったという話は聞いたことがないです。

なので、リンクを貼った本の内容を鵜呑みにするつもりはないです。

ただ、思い返すとまだプロテインを飲んでいた頃、じぶんの尿の「色」や「におい」が以前と違うと感じたことがあります。

人間ドックでの「血液検査」でも少し異常値が見られたりしていました。

「プロテイン」をやめてからはそういった違和感はなくなったので、もしかすると、ぼくは「腎臓」に無理をさせていたのかも知れません。

あと、プロテインには「人工甘味料」が入っているものがあるのも気になってました。

●目指すのは「ナチュラル」な細マッチョ!

「工業製品」による「タンパク質」の不自然な大量摂取は、長い目で見るとむしろ逆効果

そもそも、人工物で健康体をつくろうとするのは間違っている?

そんなことを気にしていたら、「食べていいもの」がほとんどないのが実情ですよね。どこのスーパーも「工業製品」であふれています。

それでもたかはし昇一は、なるべく自然食品を「ナチュラル」な状態で摂取することを心がけています。

とり肉・さかな・豆類・納豆・豆腐・たまご・野菜・海藻・ナッツ・チーズ・ヨーグルト・良質なオイル・カカオ70%以上のチョコなどなど…。

「BCAA」を飲みながら筋トレするのは「それっぽくて」好きでしたが、いまではナチュラルミネラルウォーターです。

トレーニング後の「ゴールデンタイム」も、「プロテイン」ではなく「乳製品」に「おにぎり」!

「プロテイン代」を食費に変えて、「ナチュラル」な細マッチョを目指します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン。1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になるため、「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中。