JOYFIT24で24時間フィットネス|早朝ジムが爽快すぎる!

たかはし昇一は、もうかれこれ4年ほど「ジム通い」をつづけています。

有酸素運動はほとんどせず、ダンベルや各種マシンを使った「ウェイトトレーニング」がメインです。

先日まで某大手フィットネスクラブを利用していたのですが、生活の拠点がかわったことから退会を余儀なくされ、次のジムを探していました。

ジム通いをつづけるには、施設が「自宅」か「職場」に近いことが重要です!

自宅近くで探してみたところ「JOYFIT24」というあまり聞きなれないフィットネスジムを発見し、さっそく入会。

「利用用途」によって好みは分かれると思いますが、ぼくは某大手フィットネスクラブより使い勝手いいと感じてます!

●最大の特徴は「24時間営業」!

施設名称からもわかる通り、最大の特徴は「24時間営業」であることです。

さすがに夜中12時以降の利用はしませんが、開店・閉店時間を気にせずマイペースに通えるのは大きなメリットだと感じています。

ぼくは土日の朝早く、人がまばらで静かな時間にワークアウトするのがお気に入りです!

この特徴は「時間の有効活用」にも一役買ってます。

6時〜8時の2時間トレーニングをしてシャワーで汗を流し、自宅に戻ってもまだ9時ぐらい!

某大手フィットネスクラブは10時開店だったのでこうはいきません。

以前は土日のどちらかがジムでつぶれるイメージだったのですが、JOYFIT24で朝ジムをするようになってからは週末の時間が増えたように感じてます。

●プールなし!お風呂なし!スタジオなし!

店舗によるのかも知れませんが、ぼくの通っているところはプール・お風呂・スタジオがありません

筋トレのあとプールで有酸素運動をする習慣がある人にとって、プールがないことはデメリットですね。

「お風呂なし」に関しては「バスタブがない」という意味です。

ボックスタイプのシャワーが備え付けられており汗を流すことはできるので、全く問題ありません。

お風呂とかサウナがないことで、「それ目的」の利用者がいないのがむしろグッドです!

「スタジオ」がないことも、個人的には大歓迎です。

もともとスタジオプログラムに興味もありませんし、プログラム参加者のコミニティが発生しないのが嬉しい!

仲良しでかたまって、おしゃべりしてるだけのグループは少し苦手なので…。

その点「JOYFIT24」の客層は、比較的若めストイックにトレーニングに打ち込みたい人が多いように感じます。

 ●「スタッフ」が少ない!

JOYFIT24はスタッフの人数がとても少ないです。

ぼくの通っているところは常時2〜3人しかいないでしょうし、基本的にスタッフルーム内にいるのであまりお見かけすることもありません。ちなみに夜間〜早朝は無人になります。

また、あくまで「スタッフ」であり「トレーナー」ではありませんのでプランニング・アドバイスは期待できません。

どちらかと言うと某大手フィットネスクラブがスタッフ多すぎなのでしょうか?

受付に常時5人ぐらい、トレーニングスペースには3〜4人が巡回、プール・スタジオにも常に人がいましたから。

ビギナーにとっては、「マシンの使い方」などを気軽に訊けるのは安心ですね。

その一方で中級者以上はこちらから話しかけない限り基本「放置される」ので、緊急時以外はスタッフがいることのメリットあまり感じられません。

●JOYFIT24は「中級者向け」!

「JOYFIT24」は、利用者の「ターゲット」や「設備」を絞って「効率的な運営」を心がけていることがよく分かります。

コンセプトがマッチする人にとってはとても利用しやすい施設です!

基本的に「場所・マシン」を提供するだけであって手厚いフォローはありません。

なので、「マシンの使用方法」から習得する必要のあるビギナーや、トレーニングメニューのアドバイスやパーソナルトレーニングを受けたい人にはやや不向きと言えます。

「JOYFIT24」は、マシンの使用方法がわかっていてトレーニングメニューが確立している中級者が、静かな環境でストイックにワークアウトするのに最適!

たかはし昇一は、「朝ジム」が気持ちよすぎてクセになりそうです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン。1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になるため、「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中。