クリーニング本当に必要?Yシャツ自宅洗いで140万円節約!

「Yシャツ」はアイロンかけたりクリーニングに出すのが当然みたいなイメージがありますが、それって本当に必要なことなのでしょうか?

たかはし昇一の近所では、Yシャツのクリーリングは約200円/1着します。

週に1回(1ヶ月に4回)5枚のYシャツを30年間クリーニングに出しつづけると…200円×4回×5着 ×12ヶ月×30年=約140万円になります!

洗濯〜アイロンがけは本当に手間がかかることなので、140万円を「必要経費」と割り切れれば問題ありませんね。

ぼくは1ヶ月分およそ4,000円を5%の複利で30年間運用すると約330万円になる事実を知って、Yシャツは形態記憶のものを買って自分で洗うことにしました!

実際にやってみて思ったのですが、Yシャツはクリーニングに出す方が「道具を揃えたりメンテナンスする手間がない」「時間の節約になる」との思い込みがどうやら強かったようです!

Yシャツのクリーニング以外にも「便利だけど、じつは自分には不要」なものがありそうな気がしてます。

●固定費の削減効果は「継続」する!

いまでは1枚5,000円ほどの「形態記憶」Yシャツを3枚買って、自分で週1〜2度の頻度で洗ってます。さすが「形態記憶」、脱水を軽めにして干す「アイロンがけ不要」でノープロブレムです!

「節約術」において、まずは「変動費」より「固定費」にテコ入れするのはセオリーですよね。

なぜならば、例えば「変動費」である食費を削減しようとすると「毎日」どころか「毎食=1日3回」がんばることが必要だからです!

食事内容をルーティン化したり、節約することが「習慣化」されれば不可能ではないのですが…人間は「欲望=本能」に「理性」で勝ち続けることはできません。

「固定費」の場合はどうでしょうか?

「家賃」「保険料」「通信費」そして今回ぼくが削減した「クリーニング代」、これらは「たった1度の頑張り」が長期的な効果となります!

「家賃」であれば、いまより安い物件探しや契約、引越しやそれに伴う手続きなどで疲れちゃいますよね。「変更時」にはそれなりのパワーと場合によっては初期費用がかかります。

でも逆に言うと、その時の「たった1度」だけ頑張れば、それ以降は寝てても費用削減効果が持続します!

●節約も「仕組み化」すればツラくない!

「家賃」が1万円安くなったとしましょう。物件探しはたいへん労力を使いますが、引越しの次月以降は何もしなくても=それこそ寝てても家賃が1万円削減され続けることになります!

初期費用で10万円かかったとしても、1年以内にペイできちゃいますね。

だから「節約」するなら、「長期的」に考えると削減のインパクトが大きく頑張りつづけなくても良い「固定費の削減」を最初にやるべきなのです。

繰り返しになりますが、人間は意志の力で頑張りつづける=モチベーションを高くキープしつづけることはできません!

たかはし昇一も、もし単純に安上がりになるからという理由でクリーニングをやめ自分でアイロンがけをするような策をとっていたら、正直そう長く続かなかったと思います。

少し割高ではありましたが、ちゃんと初期費用を投入して「形状記憶」のシャツを買い、努力のハードルを下げたことは正解でした!

「保険料」「通信費」も、削減のステップは「家賃」「クリーニング代」と同じです。

たかはし昇一は「クリーニング代」につづき、「通信費=スマホ代」大手キャリアからMVNOに乗り換えることで削減しました!

↓格安SIMはmineo(マイネオ)です!

格安SIM|「mineo(マイネオ)」なら初期費用も実質0円!

「節約」において「一時的な効果」にとらわれ過ぎると、モチベーションが下がったところでの「リバウンド浪費」でそれまでの努力が水の泡になってしまいます。

まずは「プロセス」を意識し「習慣化」することで、無理なく続けて「長期的」な削減を!

↓目標設定にもコツがあります!

謹賀新年|新年の「目標」はプロセスを重視すべき3つの理由!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たかはし昇一

30歳から3つの「と」(投資・登山・トレーニング)を習慣にしたら人生が変わった金融系サラリーマン。1985年生まれ、東京都23区内在住です。2034年までに金融資産3,000万円の「アッパーマス層」になるため、「収入を増やす」「支出を減らす」「投資で増やす」をコツコツ実践中。